[寄稿記事] 精密採点DXーGにおいてボーナス込みの100点を狙う際の指針

この記事は精密採点シリーズの中で最も100点が出やすい採点である精密採点DX-Gでボーナス点有りの100点(以後ボナカン)を取ることを主眼としている。
その為、各項目もそれを狙う事を主眼とした最小限の説明になっている。
また、精密採点は狙う点数やチャートによって攻略方法が変わってくるので更なる点数やチャートを狙う人にとっては本記事は参考にならない事も留意して頂きたい。

[寄稿記事] カラオケ採点で高得点を取りたいという方へ

本ブログには、筆者の限られた知識の範囲からではあるが、今後LIVE DAMシリーズ搭載の精密採点(DX、DXG、Ai)において点数を取るコツや秘訣等の攻略記事を載せていく予定である。その上でカラオケで点数を狙っている人、特に点数を取りたいと考えこれから本格的に採点を始めようかと思っている人へ向けて、カラオケ採点ゲームで点数を狙う上でまず知っておくべきこと、注意すべきこと等を本記事で述べたいと思う。

[寄稿記事] 精密採点Aiにおける表現の付け方に関する現状の考察

現在、LIVE DAM Aiがリリースされて暫く経ち、多くの人が精密採点Aiに触れたと思われる。
この採点の特徴としてその名の通り「Ai」が挙げられるだろう。しかし採点をする上で多くの人が一番苦労している項目は「表現」ではないだろうか。
今回はその表現項目について現状の考察を纏めることとする。

[寄稿記事] Ai採点における抑揚の付け方についての考察の経過

ここでは、Ai-が過度な抑揚に反応するAi採点において、抑揚をどう入れるのかという問題について考察する。

まず、Ai採点において、Ai感性という値そのものをどう考えるかによっても抑揚の付け方は変わってくる。 Ai感性はボーナス点にのみ関与するという説が濃厚であり、Ai感性の重要性は点数を狙う上で然程高くはないと思われる。そのため現在、Ai感性への解釈の違いからAi採点を攻略する上での抑揚の付け方の主流は大きく二つに分かれている。

[寄稿記事] Ai感性ボーナスと抑揚の付け方についての考察の経過

以前の記事で、抑揚の付け方はAi-を無視するかどうかで大きく2つに分かれていると述べられている。この内容には疑問を持った方も少なくないだろう。いくらAi感性がボーナス点にしか関与しない配点の比率の低い項目であるからと言ってもボーナスに頼らざるを得ないAi採点で何故わざわざAi感性で減点を受けるような抑揚の付け方をするのだろう、等と多くの人が思った筈だ。勿論これには理由がある。