fistia の開発と運営の主体の透明化

この記事では開発と運営の主体の透明化を図り、利用者の皆様にカラオケ情報ポータル fistia を安心してご利用いただくため、その直接の関係者について説明する。

fistia は、私 soltia48 が開発と運営を行っているが、私はカラオケを音ゲームとして楽しむ文化の文化圏について私がそれほど詳しくないため、佐賀植こと佐賀は植民地 (当ブログにおいては、一家に一人平沢唯として寄稿している。) に協力を仰いでいる。

現時点で、fistia において、私 soltia48 と佐賀植は特別な権限を持っている。重要なのは、fistia において特別な権限を持つ直接の関係者は我々 2 名のみであるということと、我々は fistia について、その利用者の同意を得ずに情報を第三者に開示することを禁ずるなど、厳密な情報管理を行っており、その責任を持つということである。

利用者の皆様には、これらのことをご理解頂いた上で、どうか安心して fistia を利用していただきたい。また、近く利用者の皆様より匿名でご意見をお伺いするための仕組みを用意するので、ぜひお使いいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です